歯科一般

歯科一般

歯科一般歯科一般とは、虫歯と歯槽膿漏の治療、および歯牙欠損部の補綴(おぎなうこと)を主とした歯科診療のことです。 これは、通常どこでも行っているものですが、小児歯科、矯正科、口腔外科など新しく専門標榜科が生まれたため、これらと 区別する意味で用いられています。

むし歯ができた、歯が欠けた、歯が痛い、歯茎から血が出るなどの症状は、歯科一般で行うことができます。 これまでのような、「痛い」「怖い」「行きたくない」というイメージの歯科医院ではなく、患者様が喜んで、楽しく、 行きたくなるイメージの歯科医院にしたいと思っております。また、患者様とのコミュニケーションを大切にした医院にして いきたいと思います。

ご自分の歯を健康に保つことによって、皆様の人生がより素晴らしくなるお手伝いをしていきたいと思っています。

治療の流れ

カウンセリング(初回)・応急処置
症状に応じた応急処置をおこないます。
レントゲン撮影・検査
口腔内の状態を知るため、詳しい検査をおこないます。
カウンセリング(2回目)
検査の結果を踏まえて、患者さまと相談しながら治療方針を決めていきます。
治療
カウンセリングで決めた治療方針を元に、治療をおこないます。
カウンセリング(最終)
治療完了、治療前の口腔内との比較を行い、その変化を見て頂きます。

小児歯科

大人同様、子供さんにも予防、保健指導(ハブラシ指導)、治療をしています。

小児の歯科治療の前に

歯の治療は大人でも嫌なものです。大人は我慢できることでも子どもにとっては大変です。特に小さいお子さんの場合は次のことに注意して下さい。

  • 幼児の治療は体調の良い午前中に受診することをおすすめします。昼過ぎや夕方になると疲れて機嫌が悪くなることが多いものです。
  • なるべく嘘をついて連れてこないようにして下さい。かえって嫌がる原因になります。そのかわり治療の後は、たくさん褒めてあげて下さい。
  • 幼児は歯科治療で嫌がって泣いたり暴れたりすることもあります。汗をかきますので特に冬場などは下着などの着替えを用意してきて下さい。また治療中はTシャツなど身軽な服装にさせましょう。
  • 待合室ではなるべくリラックスさせるように保護者の方が本を読んで聴かせたり、おもちゃで遊ばせてあげて下さい。

歯科疾患は早期発見・早期治療も大切ですが、予防がさらに最優先されます。
生涯自分の健康な歯を保持するためにも、お子さんのときからの、歯科疾患の予防と定期管理を心がけましょう。

フッ素塗布

幼児の歯はエナメル質が弱いため、虫歯になりやすくなっていま す。フッ素を塗布することで虫歯を予防することができます。(→フッ素塗布について詳しくはこちら

▲ PAGE TOP

顎関節症(スプリント治療)

顎関節症とは

肉体的・精神的にバランスが崩れて、咬合のみに異常がありその結果、身体に歪みがきて 全身の筋肉に不調和をきたし顎関節に支障が出る状態 (口腔障害)、または、顎関節由来の全身の機能不全だと 理解しています。

症状は多様で、(開口障害) 顎が開かなくなったり、(関節雑音)開けるときに異音がしたり、(関節痛) 咬むときに 関節に痛みがあるものや、力が入らず固いものが咬めない事や顎が外れやすくなってしまったりする場合もあります。

主な原因

内在性外傷 外来性外傷 咀嚼筋の異常緊張
例えばかぶせた金属やプラスチックが壊れたり錆びたりして 噛み合わせが悪くなり慢性内在性外傷(咬合、咬交異常)を引き起こすことによって症状が現れます。
親知らず、虫歯、治療後または抜歯後放置した場合も同様に顎関節症の注意が必要です。
・異常咬合
・過剰運動
・異常習癖
くいしばり、歯ぎしり、噛みすぎ、頬杖を付く、弄舌などがあります。
精神的、心因的なストレス、憂うつ、不安などが関与すします。
咀嚼筋(噛むための筋肉)がイライラや不安など、ストレス性の原因で緊張し顎関節に負担を来たします。

原因は、いろいろ考えられますが、歯並びに異常があり噛み合わせが悪いものや、ストレスや、生活習慣に起因する 歯ぎしりなど過度の負担が顎関節にかかり、関節に異常が出たりします。その他親知らずやむし歯の放置による 噛み合わせの変化が原因の場合もあります。

顎関節症の治療に先だって問診、視診、筋肉などの状態、骨や内部組織、顎の動き、精神・心理的状態などについて 調べる場合があります。その結果、どの部分にどんな問題があるかによって治療法が選択されます。
原因に噛み合わせとの関連がある場合、歯の干渉を減らすように、スプリントなどと呼ばれる物を使用したりします。

スプリントについて

顎関節症の治療にはスプリントと呼ばれる装置が使われます。

スプリントは形や大きさも症状にもよって異なり、様々な種類が用いられます。大きく分けると、取り外し型や 装着型、金具を用いるタイプなどに分けられるでしょう。

また素材も様々で樹脂製、金属製、ミニスプリント、 組み合わせ型などがあります。
スプリント

治療の流れ

1.初診審査
レントゲン撮影、審査、歯型などアンケートを参考に治療全体の流れなどを大まかに説明します。
口が開かず歯型がとれない場合は 鎮痛剤により経過を観察します。
2.レントゲン、歯型の分析
治療の方針を決定します。 まず虫歯や不適合な詰め物があればその治療を。噛み合わせが悪ければ調整を初めに行います。トレーニング方法などのアドバイスも致します。
3.スプリントの型どり
虫歯の治療、噛み合わせの調整をしても改善が見られない場合は顎の安静を 兼ねた装置の装着に移ります。装置を作るときには再度歯型の採取と各個人の噛み合わせをとります。
4.スプリント装着と調整
装着後、初回調整は1週間後に来院して頂きます。その後は 約2週に1度の割合で経過を見ていきます。ある程度良好と判断したときには、来院の間隔を開けていきます。調整せず無理に装着し続けると噛み合わせが変化する可能性があります。
5.経過観察
顎がリラックスできて経過が良好であれば装置を外し経過観察していきます。

▲ PAGE TOP

歯ぎしり予防(ナイトガード)

「歯ぎしり」この言葉を聞いて、私は関係ないと思わないでください。
なぜかというと、ほとんどの人が歯ぎしりをしているからで、歯ぎしりの自覚のある人はたったの8%。18%の人に強い歯ぎしりがあります。
一般的に、8時間の睡眠中に15分ほど歯ぎしりをしているそうですが、癖のある人たちは、平均40分にわたって行っており、中には1時間45分及ぶ人もいるといわれています。

歯ぎしりの種類

グラインディング タッピング クレンチング
いわゆる歯ぎしりです。
上下の歯を横にこすり合わせるもので音が大きいのが特徴です。
顎を上下に、物を食べるようにカチカチさせるものです。 殆どの人がやっています。
噛みしめたり、くいしばるもの。音が出ない。自覚症状がない。

これらの歯ぎしりで歯に加わる力は、食事時の2倍にもなります。
特に寝ている間は無意識のため、とても大きな力が加わります。それによって歯が抜ける・割れる・すり減るなどの 症状がおきます。さらに顎関節症の原因にもなります。
原因としてストレス・心因性などの情緒的因子と、歯の噛み合わせの悪さなどが考えられています。

歯ぎしり軽減法

1.筋肉のリラクゼーション
親指以外の4本の指で、両頬を5分程度、比較的強い力で押したり回したり、 コリをほぐすようにマッサージする。
2.就寝時の姿勢
枕が高かったり、枕の一部分に頭の上方を乗せて寝ると歯ぎしりしやすい。 そこで、低い枕に首の付け根まで乗せ、顎を上に向けて寝る。
3.自己暗示法
寝る直前、布団の中で「唇は閉じて、歯は離す。」と声に出して20回唱えてから寝る。 効果は1ヶ月以内に現れ、歯ぎしりの回数と強さは半分以上に軽減する。
4.ナイトガード
歯科医院で作製してもらい使用します。

ナイトガードによる治療

ナイトガードナイトガードを夜間就寝中に使用することにより、歯周組織に加わる力を軽減させるようにします。
患者様の訴える諸症状がブラキシズムに起因すると診断された場合、歯科での咬合調整やナイトガード (健康保険が適用されます)などの歯科治療が不可欠となります。

歯ぎしりを防止するには、まずはストレスの原因をなくすことが大事です。歯ぎしりを完全に 治す方法はありませんが、緩和予防することは可能です。歯ぎしり防止法として、就寝時にナイトガードを装着します。そうすることで、とてもリラックスした睡眠が もたらされるようです。
またさほど歯ぎしりがない方でも、予防のため使用している方もおいでになります。

▲ PAGE TOP

無痛治療(高周波治療)

高周波療法とは電磁界作用を応用しジュール熱による温熱効果、細胞内のイオン効果、 非接触照射による抗菌効果により炎症を抑制し、神経組織や骨組織の再生を促進する療法です。
ほとんどの患者さんは痛みを全く感じません。
知覚過敏の患者さんでも治療中に痛みを感じることはありませんので、無痛治療といえるでしょう。
また高周波治療には副作用などはありませんので安心です。
通常の歯科治療に併せて高周波治療機を使うことで患部の滅菌および消毒がされます。 根管治療(歯の根の治療)をした場合、この高周波治療機を併用することにより処置後の痛みが極めて 少なくなります。

  • ・顎関節症
  • ・知覚過敏
  • ・口腔乾燥症
  • ・歯の神経の炎症の緩和
  • ・親知らずの炎症の緩和
  • ・口内炎
  • ・筋肉の痛みの緩和
  • ・歯周病の炎症の緩和、あと様々な痛みの緩和に効きます。

詳しくは高周波治療研究会のHPでご覧ください

ピュアコスメ

歯を削らず型をとるだけで、手軽な歯のエステを体験してみませんか?
キラリと見せるピュアコスメ。さりげないアクセント。

料金 ピュアコスメ 一装置 54,000円(税込)
  • 営業マンは、歯が命。
  • 歯のエステは、高価で二の足を踏んでいたが、これなら手軽だ。
  • すきっ歯で、話すときに行きが漏れて、話しにくかったが話しやすくなった。
  • 前歯が抜けていたが、自分の歯のような感覚で人目が気にならなくなった。
  • 前歯が1本だけ変色していて、目立ってかっこ悪かったがもう安心。
  • 軽くてつけているのを、忘れてしまうようだ。

面接、パーティ!でも、口元に自信が無い!
歯を削らない手軽な歯のエステを体験してみませんか?

前歯の隙間が気になる人に!

ピュアコスメ

歯が変色した人に!

ピュアコスメ

その他さまざまな場合の方に!

ピュアコスメ


▲ PAGE TOP

当院診療案内

多賀歯科医院
〒578-0982
東大阪市吉田本町3丁目6-20
セワール吉田1階
TEL : 072-961-0005
FAX : 072-961-0005

当院へのお問い合わせ

診療時間と休診日の案内

多賀歯科医院のブログへ

Copyright © 2006, 多賀歯科医院 All Right Reserved.